上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エントリー直後に逆行すると、「間違った」「まずい」と普通に思います。

自身で決めたルールに沿ったエントリーであっても、そう思います。

次に目先の動きが気になり、短い分足を見ます。しかし、何も解決しません。

逆行後、戻ってくればホッとし、更に逆行が進めばストップ、又は損切りのストレスが積もり、焦りが次のエントリーにミスを誘います。

これを繰り返してて勝てるでしょうか。

100%勝てません。


まず、「間違った」「まずい」と思う心理は、その後の動きを更に間違った動きに誘います。

ミスなどで本当に間違ったのであれば、戻ることを祈る前に損切り~次のエントリーに切り替えです。

ルールに沿ったエントリーであれば、逆行しても間違ってはいないのです。想定内のことです。

想定内ですから、ストップを待つか、ストップまでに戻ってくるか、それを待つのもルールです。


但し、想定内とは言っても、エントリー後、あまりにも逆行が多いようならルール見直しが必要です。

5~10pipsの逆行なら問題ありませんが、30、40~pips逆行というのは問題があります。


順張りというのはトレードの定石ですが、誰もが同じところで売買するので、容易には利確しにくいリスクがあります。

また、定石だけで勝てたら、皆、大金持ちです。


順張りの定石のポイントをわかっていますか?

目先ではなく、長い足の方向性を確認できていますか?

逆張りの要素含んだエントリーをしていますか?

上記3点をクリアしてれば、エントリー後、「間違った」「まずい」を繰り返すことはないはずです。
スポンサーサイト
ドル円の急落急騰は約300~400pipsです。

持ったポジションをストップ設定しないと最悪400pipsの大損です。

ストップをかけていれば・・・たいていはこう思うでしょう。

では、ストップをかけるルールができていても、最終利益を残せるルールですか?


ドル円の急落急騰は約300~400pipsです。

急落の場合、一気に300~400pips落ちることはありません。

暴落の場合は、一気に500、600落ちます。戻りはありません。


ストップをかけない訳にはいきません。

では通常通り、定石通りにストップをしているのに何故利益が残らないのか?


答えは二つです。

一つは、エントリーの甘さです。

解決策は、エントリーに少し逆張りの要素を入れることです。


もうひとつは、ストップの設定方法です。

ストップによる損失は少ない方がいいに決まっていますが、それが適当でなければ、ストップばかりかかってしまうはめになります。または、ストップを広く取って、ただ逆行が戻るのを待つだけでも塩漬け~マイナスの結果は同様です。


全てはバランスの問題ということになります。

バランスを修正すればダイレクトに利益拡大につながります。
方向性に合わせてエントリーを決める。

a2.jpg


これは当たり前のことですが、テクニカル分析の目視確認だけでは、どちらにも動きそうで明確に決めることはできません。

図のように見てひと目で判断できる指針のようなものが必要になります。

ただし、それだけではエントリーポイント(タイミング)を決めることはできません。

方向性が上昇であれば、当然買いです。

次に、その買いをどこでエントリーするか?

その中に半逆張りの要素を加えることが、目先の逆行を最小限に抑えるメリットも発生します。

まずは、方向性確認が簡単であることをご理解ください。
商材マニアになっていませんか?

理解せずに、美味しいうたい文句だけで購入してませんか?

実績の数値はいくらでもいいように書けます。

問題はそれをどのようにイメージされているか?です。

数字だけ見て、儲かった気分になっていませんか?

自動売買もそうです。実際の本番ですべって約定されなかったり、決済されなかったり・・・
それらを想定内にしていますか?


イメージと言っても、儲かってる妄想ではありませんよ。

ルールやシステムのイメージが自身の動きとして有効と思えるか、どうかです。

儲け優先に考えると、PFなど数字優先に考えてしまいます。

儲けは後から付いてきます。

まずは、こちらのルールをよく検証してみてください。
FXなど投資を学ぶのは、本やネット情報が多いと思います。

それで勝てますか?

何故、正攻法で勝てないのか?

それは相場の値動きが人の心理面を惑わす動きを日々しているからです。

確定している過去検証とライブでの検証は全く違います。ルールを決めても心理が邪魔をするからなんです。

だから普通の人(まともな)は、正攻法では勝てない、勝ちにくいのが現実です。


非常識なルールが通用するのは理由があります。

それは、SPサイン(30分足以上)が4連敗が1度もないからです。
※この場合の負けとは、40pipsも届かずに逆行を意味します。

「4時間足の方向性に合わせる + 30分足のSPサイン + 1時間足の一目均衡表の雲の上下確認」がエントリー条件です。

上記のエントリー条件で、「ポジションを持ち、40pipsに届かずに逆行」これを4回連続しないために非常識なルールが成立します。

つまり、連敗が3つでおさまるため、両建て後でもサインに応じてエントリーすれば、複数ポジションのトータルで逃げることが可能になるんです。

両建て時は含み損が40~50pipsであっても、その後のポジション取りで含み損がクリアできるということです。

ドル円の急落急騰は200pips~300pipsです。暴落暴騰は500pips~600pipsです。

それでも通用するルールです。

数十万円を数千万にするツールのご案内です。
友人との他愛もないメール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。